ウッドデッキの劣化で起こるトラブル

ウッドデッキの劣化で起こるトラブル

ウッドデッキの劣化で起こるトラブル 木でできているウッドデッキは、雨風の影響や気温の変化によって少なからず劣化していきます。それを放置しておくとトラブルに発展する怖れがあります。そして人が上に乗る際の圧力も負担になります。もし生半可な木材を使用してウッドデッキを作ったのであれば、早い段階で正しい形を保てなくなる確率が高いです。木材そのものが割れてしまったり、表面がささくれ立つなど形は様々ですが、人にとって良いものはありません。

またウッドデッキということなので、段差を付けるなどで少なからず高い位置で人が活動するスペースを作るはずです。そこで木材が割れてしまえば、高所からの落下ということにもなりかねません。耐久性の高い仕上がりにするには素材の性質と、製作する際の処理の方法が肝心です。
ウッドデッキは専門家に依頼する以外にも、素材選びからDIYとして行なえるものです。その場合はトラブルを避けるためにも、しっかりとした知識を蓄えてからにしましょう。

人気のウッドデッキの設置とシロアリの駆除

人気のウッドデッキの設置とシロアリの駆除 ウッドデッキは、使い勝手の良さから洋風住宅だけに限らず和風住宅にも設置する施主も増加しているエクステリアであり、デザインも非常に多様化しています。ウッドデッキは、欧米でパーティーや余暇を楽しむ為に使用され、欧米では長期の休暇があるのでしっかりとメンテナンスする事可能である事から長年に使用する事ができます。

しかし、日本は数日の短期の休暇の企業が多いので充分なメンテナンスをする事ができず、高温多湿な日本の気候下ではシロアリに食われてしまい数年で作り変えた施主も少なく無いのが現状です。その為、天然木を使用する場合にはソフトウッドよりもハードウッドが良いとされ、シロアリの被害を避けられる人工木ウッドや樹脂製デッキが主流となっています。天然木のウッドデッキは、一般家屋と同様に5年を目処に薬剤の穿孔による注入や散布が必要とされ、設置時には可能な限り風通しと日当たりが良い様に設計及び施工する必要があります。