事前にどのような準備をしておくかが大事です

満足できるウッドデッキの施工をするために必要な材料を事前に考えて用意しておく事で作業もスムーズになります。
行き当たりばったりで始めると、途中で作業も止まってしまって完成までに時間がかかるからです。
設計図を作り、資材を決めて必要な数量を出して、作業に使う工具を用意します。
仕上げの際に利用する塗料も用意しておけば、耐久性の工場だけでなく見た目も良くなりますので、好みの色や予算にから選んでいきましょう。

ウッドデッキの施工に必要な材料とは?

ウッドデッキの施工に必要な材料とは? ウッドデッキの施工を始める前に図面を書き、必要な材料を準備しましょう。
広さと床の高さを決めてから、ウッドデッキの基礎となる基礎石やその上に建てる支柱、床板の下の基礎部分である根太、根田を支える大引きを考え、最後に根太などを見えないようにするための幕板を考えます。
単に資材はカットするだけではなく、組み上げた後に長く保つように保護剤も塗っておくと耐久性と見栄えが良くなります。
基礎を作って床板を張るだけと考えると作業も簡単そうに見えますが、作業の流れを止める事のないように必要なものが揃っているか確認してから準備を始めることが大切です。
木材はホームセンターでも加工してくれますが、頑張ろうと思うのであれば自分でやってみるとさらに愛着も湧きます。

図面が重要!ウッドデッキの施工時の注意点

図面が重要!ウッドデッキの施工時の注意点 ウッドデッキは、今流行りのアウトドアリビングや洗濯物を干したり家事室の延長にあるようなバックスペースなどで使用されています。
ウッドデッキは増築という形であと施工しやすいことからも、人気になっています。
建物というより、母屋に付属する簡易工作物としてのイメージがありますが、用途や庇のかかり方によっては面積にカウントされるケースがあるため注意が必要です。
そんなお手軽に施工できるイメージのウッドデッキですが、実際に作るときは注意があります。
それは自分で行う場合や業者に依頼する場合も共通で、まず図面を作成することです。
図面なしの現場当たりの施工では、材料の無駄や見た目の綺麗さにも影響してきます。
また、業者に依頼する場合は必須になります。
現地調査を行ったうえで図面を作成してもらい、その段階で内容の確認をすべきです。
実際に人が乗ったり、用途によっては重量物を局所的に置くケースもあると思います。
その時に事前に束柱の位置や基礎の仕様について整合を取る必要があります。
そこまで事前に確認が取れていれば、安心して作成に臨めます。
簡単に作れるイメージがありますが、人が使用するもののため安全の確保は慎重にしたいものです。

外構づくりおすすめリンク

外構